2007年11月04日

コタツとゆめの足。

 
ヤバい、ヤバいよ。



眠すぎるよ コタツ。



何ですかこいつ、最終催眠兵器ですか?

こいつと戦いながらどうやってブログの更新などすればいいのですか?
教えてダーウィン。




・・・てなワケで原人(父)が仕切る我が家でもついに文明の利器コタツくんの
登場と相成りましたが、去年のコタツ布団からなんだか
大学時代の部室の床のような臭い(他に言いようを思いつかない)が
立ち込めていたので「・・・父さん・・・この布団 クサい」と直球で勝負を挑むと
あっさり「買い換えよう」という話になり、その日のうちにホームセンターで
新品を3,980円で購入。

新しいフカフカのコタツ布団にもぐってホクホクだったのですが、
なんと我が家の毛深い黒い子(愛称:ゆめ)がいきなり端っこを噛み破って
綿をズルズル引きずり出すという、仔犬的任務を遂行。

久しぶりに、三軒隣まで響き渡りそうな大声で叱り飛ばしました。
自分の声に自分でびっくりした。

毛深いアイツはショボンとしておったわ。

破かれたコタツ布団は私がブラック・ジャック級のゴッドハンドで
オペしておきました。

いびつとか言うなよ

奥に見えるのは犯人です。


ふふ。このブログをヤフーブログ時代から辛抱強く読んで下さっている方は
ご存知かと思いますが、私の裁縫の腕はちょっと神がかり的なのですよ。

恐怖!神がかり事件(←それ系の記事)


その私にしてはなかなかの出来だと思いますけど
布団の端っこ縫ったくらいでネタになるべと思ってる時点で女子力ほぼゼロ。

ドンマイだー。ナンマイダー。

つうか4歳にもなって布団を齧るとは何事か、ゆめさん。
新しいお布団がそんなに美味しそうだったかい。
私はその時犯行現場のすぐ隣(至近距離)でパソコンしてたのですが、
ゆめはコットンのおもちゃを噛み噛みしていたので放置していたのですよ。
「シャグシャグシャグシャグ・・」と噛み噛みする音が聞こえて、
そのうち「ブチブチブチ!!ブチ!」と景気のいい音が聞こえてきたので
「今日はおもちゃ破壊に熱が入っとるな〜♪」とチラリと隣に目をやると
そこに見えるはちぎれたお布団。溢れる綿。
(後略)


******************************************

コタツの話は置いといて、


11月になりましたね。


ということは、ゆめが空を飛んで(=靭帯を切って)3ヶ月が経ちました。


8月11日の手術から2ヶ月と3週間経ったわけですね。
早いもんです。

ゆめの足はお陰様で、とっても調子いいです!


テクテク歩けるようになるまではあっという間だったので
はしゃいでいたのですが、それでも急ぎ足になるとビッコ、
家の中ではビッコ・・・という状態が長く続き、もうこれ以上良くならないのか?
と贅沢にもしょんぼりしてたのですが。

ここ数週間で急にグン!!と良くなったように感じます。

前の記事の柴オフ会で皆さんとお話した時は
「小走りになると『タカタカタカ』ではなくて『タカッ、タカッ、タカッ』と
 ぎこちないです」と話しましたが

それから二週間ほど経ったゆめは・・・







こんなスムーズな走りを見せてくれるようになりました!


ひー!凄い回復です!

ゆめ最高!愛しとるで〜〜〜〜!

愛しとるで!(繰り返し)



ちょっと動画では遠目なのもあって、足のどこが悪いのかもう全然
分からないでしょう?

実際に近くで見ると、少〜〜しだけぎこちないのが分かります。


もう、散歩の時間だけなら怪我をする前と同じまで回復しました。
一日に3〜4時間の散歩をスタコラ楽しんでおります。

たくさん歩きまっせ

怪我をしてからはしばらく、車で野原まで連れて行って
御用足しが終われば車に乗せて帰る日々でしたが・・・
その頃を思えばなんという進歩!回復力!
かあちゃん嬉しすぎて食欲が止まりませんです。(関係ないよ)



爆走だって、するんです!

  ・・・猫を見つけたとき(涙)


先日は、少し気温が高かった日ですがゆめが調子に乗って遠くまで歩きたがり、
案の定帰り道にバテくさって畑のど真ん中の農道でいきなり歩行拒否。
父が「もう置いて帰るで!」と言ってリードを放り出してスタスタ
立ち去ろうとすると「置いてけぼりは嫌じゃー!!!」と頭のネジが飛んで
畑の中を大爆走しやがったらしいです。(畑の持ち主さんホントにごめんなさい)


田舎の秋

ダッシュとかまださせないほうがいいだろうから、リードは持っててよ!!
と父に言っておきましたが・・(ちなみに車が来る心配はない場所でした)
ゆめは何ヶ月ぶりかの爆走を満喫したらしいです。



もう何ヶ月かしたら本当にいつもの川や山で、

心置きなく走れるかもしれないな、ゆめきっつぁんよ!

その日が本当に楽しみだよ!

ブログを通じて励ましてくださった皆さんにもあらためて感謝・感謝です。



白目にドキュン

何このやる気ない顔。可愛いやんか。(もはや止まらぬ愛)



・・・ところで私、ゆめが怪我をしてから

「ゆめが治るまでは自分のお金でお菓子は買わない」と決めて

プチ・願掛け兼ダイエットしてたんですが・・・・
(成果のほどは聞かないで欲しい)

  

もう お菓子買ってもいいかな?ゆめはんや?





ポポポポポポ





ポテチが食べたいん

じゃ〜〜〜〜〜〜!!!!!!!

 
posted by フジウラ at 01:36| Comment(20) | TrackBack(0) | ゆめきちの靭帯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月11日

ツチノコゆめ。

 
うう、眠い。毎日会社の自販機で70円のブラックコーヒーを買う私。

飲まないと、パソコンのキーボード叩いていたはずがデスクを叩いていたり、
デスクとおでこがランデブーしたりと大変なのだ。(どんな会社だ)

そして気が付くと財布が軽い。これコーヒー貧乏。

そんな私は連休を利用して久しぶりの旅行へ行き、


鬼
くまちん
くまたん
くまどん
瀬戸大橋


こんなんに会って

体の中を浄化してきました。

この写真、一年後に見たらもうどこに行った時の写真なんか分からんな。

*****************************************************************

ところで我が家の毛深いニート、ゆめ。

命のシャワー

退院してから、散歩中に出会う他の散歩ワンコへのガウリが酷くなりました。

自分の体が思うように動かないので必死で防衛しているんだろうか??

もう、遠方に散歩ワンコの影を見つけただけでピタリと動きが止まり、
穴があくほど凝視。耳を前へ向けて警戒態勢。首の後ろの毛が逆立ってくる。

相手が道路を挟んで反対側にいても、すれ違う大分前から
「うるるるる・・・」と威嚇。
すれ違う時は大変。ガフガフ言いながら飛びかかろうとして大暴れ。
急なダッシュやターンが脚によくないので、
動けないようにがっちり抱え込むんですが、どこにそんな元気が!と思うほど
激しく暴れるので動きを制御するのはちょっと一苦労です。

前から自分のテリトリー内で出会う散歩ワンコには100%ガウってたけど
警戒っぷり&怒りっぷりがもう前と比較にならない!
・・・なんでだろう・・・どうしたらいいのかね。
かあちゃんはお悩み中です。

周りは皆、敵

不思議なのは、ガウるのは散歩ワンコに対してだけで、
野良犬にはとっても友好的なこと。むしろラブ。
ちょっと車で遠出して家から離れた場所で散歩している時には
それほどガウらないので(警戒はしているけど)、
自分のテリトリー内を犬にうろつかれるのが嫌なのかなあと思う。
でもテリトリーを荒らされて怒るのなら、野良ワンコにも怒るはずなんだけどな〜?
人に連れられているワンコだけが許せないっていうのは何でだろう??
誰か教えて!


でも前から大好きだった近所の塗装屋さんのサブ(仮)のことは
相変わらず大好きなようで、怪我をしてから会えなかった二人が
一ヵ月半ぶりに再会したときは、両人大層喜んで、
「あなたー!!」「おまえー!!」と抱擁(?)を繰り返した。

サブ(仮)は白柴がでかくなったような感じの男の子で、私好みの
スッとした男前さんなんだが、駐車場の奥の軒下に繋がれており、
さすがに人の家の軒下でバシャバシャ写真撮るのもためらわれて、
いまだにちゃんとお顔をお見せできません。

携帯の動画ですが、久しぶりに再会してイチャコキ合う二人を。

ちなみに軒下に侵入してサブとゆめをいちゃつかせる許可は
飼い主のおじさんにちゃんともらっています。 






ゆめは、嗅ぎたいけど嗅がれるのはハジュカチイらしい。

サブ(仮)の家の前を通ると、どちらからともなくキュンキュンと鼻を鳴らして

「ここよ!私ここよ!あごひげの濃いゆめよ!」
「おいで!おいで僕のピンク色の肉球の中へ!」


と囁き合う。
いいな、ゆめ。愛されてて。私も白柴みたいにカッコいい彼と愛を囁き合いたい。

これだけ仲がいいんだから、ほんとは二人をどこかへ連れ出して
一緒に遊ばせたいんだけどなあ。
おじさんに「サブ(仮)貸してください」と言い出せない私。

*************************************************************


↑とここまでは一週間ほど前に書いた文章だったんだけど、
今日、夜の散歩で、滅多に行かない公園へ車で連れて行ったら
ラブ系ブレンディー犬の男の子に会ったのですよ。

その子はノーリードで、スタスタゆめに近寄ってきてクンクン嗅ぎだしたんだけど
ゆめが「ウウウウウ!」と怒り出したので「やべ!噛み付くー!」と思わず焦った。

飼い主のおじさんが「こらこら、いかんで〜」と言いながらのんびりと現れて、
私は「こらこらじゃねえだろ!この東南アジア系オヤジ!バナナ食ってろ!」と
心のなかで悪態(?)をついていたんですが
ふと見るとなんだかゆめの様子がおかしい。

上半身を低くして腰を上げて、尻尾を振って「キュフんキュフん」。

おや???



誘ってる〜〜〜〜〜??




キター!!





ツチノコ キター!!

(ツチノコ=滅多に見られないという意味。
 ここでは、他のワンコに対して「遊ぼう」と誘っているゆめの姿を指す。)


ちなみにゆめの対犬行動をパーセンテージで表すと

ガウる=75% 無視する=23% 拒絶する=1%以上 喜ぶ=1%以下



ビッグツチノコ キター!!

唸ったのは最初だけで、ゆめはそのブレンディー君をお気に召してしまったよう
なのです。

贅沢言うな

ゆめの足は心配でしたが、リードを持ったまま少し遊ばせてみるともう
喜ぶ喜ぶ、二匹でキャハンキャハン言いながらふざけ合っているどぇはぬわい
ですくゎぁ〜!!

しばしビッグツチノコを凝視しながら飼い主のおじさんと犬談義。
なんでもお子さんが犬を欲しがるから知り合いからもらったのに、
子どもたちは全く世話をしないので散歩がおじさんの仕事になっているのだとか。
ありがちなパターンですね。

「家に(犬が)おるんはやっぱりええけどなあ。世話は大変じゃわ〜。」
と愚痴っぽいことを言いながらも結構その子を可愛がっているようで、
好感が持てました。
ごめんよおじさん、バナナ食っとけとか思って。
もう私の中でおじさん、超いい人に昇格してるから!バナナ最高!

でも桃のほうが好き

ゆめの足がなんともないなら、いつまででも遊ばせたかった。
お互いにテンションが下がりそうにもないので、ゆめが飛んだり跳ねたりする前に
5分ほどで無理やりさよならしました。
名残惜しそうにするゆめを見ていて私も切なかった・・・。

その子に会うためにこれからしばらくその公園に通ってみるつもりです。


ううむ。。

飼い主さんがナイス独身メンだったら・・・。
ここから何かが始められたかもしれないのに・・・。
神様には隙がないわ・・・。

ニヒル笑い


posted by フジウラ at 00:39| Comment(12) | TrackBack(0) | ゆめきちの靭帯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月04日

ココロの行方

 
 
ここでちょっと閑話休題、

ソフト武田先生(ゆめの手術をしてくれた先生)の話。

※ソフト武田=武田真治をソフトにしてワイルドさを取り去ったような
         外見から、無許可で私が命名。


少なくとも私が今まで会った中では一番ソフトで穏やかな先生だったのですが、
ゆめの怪我に対する心配と不安でヘロヘロに参っていた私には
ソフト武田先生の優しい人柄はそれはもうクリーンヒットだったわけで。


診察時・・・「誠実で感じのいい先生やなあ」とほんのり好感
 ↓
 ↓

ゆめ入院時・・・獣医さんを心の底から嫌いなゆめが、なぜかソフト武田先生には
ちょっぴりなついてしまった。「ゆめにはいい先生が分かるんやな〜!」と
ほっこり好感UP。 

 ↓
 ↓

退院後、ゆめが歩けるようになって「ソフト武田先生ありがとぉぉ〜〜!!」と
大感謝セール

 ↓
 ↓

そして抜糸の日。

抜糸を終え、帰る間際。

おぼつかない足取りではあるが4本足で歩いているゆめを見て、
いつも真面目な顔をしていたソフト武田先生、





「よかったね、ゆめちゃん!」
(白い歯が光るイメージ)






破顔一笑。 








きらりと
歯じゃなくてね



瞬間、私の鳩尾の辺りは、熱い豚汁を飲み込んだときのようにグゥっと
締め付けられるように感じ、
どこかからか 「キューン」 という音まで聞こえてきたかに思えた。


背後で父に抱かれたゆめが「はよ帰ろうよ!!」とばかりに
 「キュ〜ンキュ〜ン」 と鳴いていたので、
その音だった可能性もあり。(区別はつかんのか!?)


しかしいくらテストでクラス内ベコ(ビリ)を取った事もある阿呆な私でも、

もしかしてこれが恋とかおっしゃるヤツですか!?

くらいの予想は出来たのだ。


思わず「本当にあれりがとうござるます」とセリフを噛みまくってしまう私。

落ち着け、落ち着け私。ただちに落ち着け。

こういう時どうしたらいいんだっけ??

住所を聞くんだっけ? 電話が先か?(どちらも違うと思う)

いやまず、独身ですか?って聞くのが自然な流れ!!(全然自然ではない)



しかしそんなことを悩む必要は全くなかった。



熱き逡巡に脳細胞を費やした時間は1秒くらいだった。





なぜならソフト武田先生、次の瞬間あっさり







 もう こなくていいからね。 リハビリきちんとすれば、大丈夫。」





もう こなくていいからね


もう こんでええよ


もう くんな

(変化エコー)





恋開始 → 1秒経過 → 恋(強制)終了





何につけても手際のいいソフト武田先生だったのであった。




成仏しろ・・・私のロマンス・・・。






しかし私はこのとき、嬉しかった。

ソフト武田先生に「もうくんな」と言われた悲しみより、
もう来なくていいほど、ゆめの足の回復を信じていいのだ
という喜びのほうが心の中で勝ったのだ。

ゆめ、あんた、どんだけ私の中で最優先やねん。全米が泣くぞ。


ソフト武田先生に何度もお礼を言って病院を後にしながら、
私は心の中でそっと自分の恋心のお墓を作り、念仏を唱えた。


キラリハラリ



****************************************************


なんとも切ない思い出話に付き合ってくれてありがとうございました。

そんなことは全く関係ありませんといった顔で今日もゆめは寝ています。


何この顔

こんな変な顔のヤツのために私は自分の恋を瀬戸内海に捨てたのか・・・。
 
 
posted by フジウラ at 23:26| Comment(17) | TrackBack(0) | ゆめきちの靭帯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月24日

ソフト武田先生の診察、手術

 
ゆめが手術を受けて一ヵ月半経ちました。
毎日朝晩15分ずつくらい、ゆっくり歩いて散歩しています。
急ぎ足になると3本足になるし、普通に立っているだけのときや食事のときは
こころもち右脚を浮かしてつま先だけ置いているような具合。
でも部屋の中で私とぬいぐるみの引っ張りっこしたりする時は
普通に右脚踏ん張ってるんですよね。
痛いのか?痛くないのか?どっちなんだ〜?
リハビリって、無理させない程度に足を使わせるその「程度」が一番難しい気がします。
本人に口がきけたらなあ。うむむ。


*****************************************
 

今日は、靭帯を切って8日後、隣県の病院へ診察に行ってからのお話を少し。
字ばっかりです。
写真は本文に関係ないのでご了承ください。


ナナと爆走


高速を使えば家から一時間半、それほど遠くないことに感謝。

前もって、紹介された病院のことをネットで少し調べてみて驚いたのが、
院長先生がとっても若い。
前の院長先生も関節治療のスペシャリストだったらしいのですが、
現在は関西で、動物の救急病院のスタッフとしてでバリバリやってらっしゃるらしく、
今の院長先生は前の先生の愛弟子だそうな。

香川の行きつけの病院の先生も人工靭帯をつける手術をしたことは
あるそうなのですが、新しい方法も含めて色々な手術法を選べる病院へ
行くべきだということで、ゆめには隣県の病院を紹介してくれたのでした。

紹介された病院の院長先生、若くて、武田真治をソフトにしたような感じの
イケメンでしたので、勝手に私の中で「ソフト武田先生」と命名(無許可)。

そのソフト武田先生に診察してもらったゆめ。

軽く触診して、関節を動かしてみてあっさりと

「そうですね、やはり前十字靭帯が完全に切れてますね。
 あと多分、半月板が損傷しています。」


との診断。ガガーン。真っ向唐竹割。
半月板(関節と関節の間のクッション)は無事でありますようにと祈っていたのに・・

半月板が損傷した場合、放っておいても治らないし、割れた部分が
傷んでしこりになってしまうこともあるので、除去しないといけないそうです。
つらい・・・私の半月板あげたい。


前十字靭帯断裂を、私が理解している程度の簡単なレベルで図解すると
こんな感じです。

膝。その下の関節がかかと

犬の「膝」はここです。上が大腿骨、下が脛骨です。
大腿骨と脛骨を繋ぐ靭帯は何本かありますが、
分かりやすくするために前十字靭帯と後十字靭帯だけ書くと

十字靭帯

ずれたりねじれたりしないように、2本の靭帯が骨の動きを制御しています。

前十字靭帯が切れると、

ブチ

このように脛骨が前方へ出る動きを制御できないので、
膝関節が安定せず、犬は足を地面につけることが出来ません。

前十字靭帯と後十字靭帯では、前十字靭帯のほうが切れやすいらしく、
関節の疾患では一般的なものだそうです。


十字靭帯が切れるのは犬だけでなく、人間の場合でもよくあります。
アスリートが激しい運動を行った際などによく起こるようです。
しかし人間の場合は手術しなくても大丈夫な場合も多いとか。

なぜかというと、人間の場合は大腿骨と脛骨が地面に対してほぼ垂直。

この絵は必要だったのか?

骨の上に骨がちゃんと乗っかっているので、過剰な運動をしない限り
靭帯が切れてもさほど支障はないそうです。
しかし犬の場合は

くの字

大腿骨と脛骨が常に「く」の字の状態なので、十字靭帯には
普通に立っているだけでも常に負担がかかっている状態。
そのため、これが切れてしまうと歩けなくなり、
なんらかの治療をしなければならなくなるのです。



激走川渡り


靭帯の手術には大きく分けて二つの方法があり、

ひとつは昔からある方法で、切れた靭帯の代わりに人工的な靭帯を作る方法。

もうひとつは比較的新しく開発された方法で、人工靭帯をつけるのではなく、
関節部分の骨を切ってプレートで固定して角度を変えることで、
関節の力学構造そのものを根本的に変えて関節を安定させる方法。

私の説明ではうまく伝わらないと思いますが、この方法は
まだまだ日本では一般的にはなっていないけど、
予後も長期的な目で見て良好であることが報告されているようです。

骨を切って角度を変える方法には、TPLO法、TTA法と呼ばれる方法があるそうですが
これが行える病院はまだまだ限られているようです。


メリーと川渡り


ソフト武田先生は、ゆめには人工靭帯をつける方法を取る方がよいと判断されました。

骨を切る方法は確かに長期的に見て良い成績を上げているお勧めの方法
なのですが、骨を切ってプレートで固定するという内容なだけに、
20キロ以上はある比較的大型の、骨太の子に向いている。
ゆめの大きさと骨の太さは微妙なラインだったらしいです。

私もそこで一緒に悩みましたが、今まで人工靭帯の手術をした子の
術後はどうですか?治らなかった子はいないのですか?との問い
(失礼かもしれないけどハッキリ聞いた!)にソフト武田先生が

「みんな歩けるようになりましたよ!」ときっぱり答えてくれて、

じゃあそちらでお願いいたします!と決断しました。


ちなみに、人工靭帯の素材には色々選択肢があるそうですが
(足の筋膜、足の別の部分の靭帯、ナイロンなど)
ソフト武田先生は強力なナイロンを使うそうです。

人工物だけでは長い時間の間に劣化するのでは?と心配したのですが、
人工靭帯をつけてしばらくすると、関節や靭帯を保護する膜状の組織が
少しずつ張り付いてきて硬化し、人工靭帯を包んで安定させるのだそう。
そうやって人工靭帯が繊維化する状態になるまで、数ヶ月はかかるそうですが。
すごい、生命って凄いのね。体の組織が自然に、治そう治そうとするんですね。


海とゆめ


手術時間はおそらく三時間ほどだろうとのこと。
神経質なタイプなので、長期間大人しく入院していられるとは
思えないのですがどうしたらいいでしょう?とどうしようもない質問をする私に、
ソフト武田先生、笑顔で「特に術後に検査が必要ではないので、
自宅でケージ内で安静にしておけるなら3日で帰って構いませんよ」。

3日ですか!?ホントですか!?
ホントに3日で帰っていいんですか!?としばし興奮するダメ飼い主。

ソフト武田先生、こちらが納得するまで色々な質問に根気よく答えて下さいました。
色々お話ししましたがやはり最終的には、この先生は今までに同じ症例の子を
何頭も手術して治しているんだから!ということが私を心強くしました。
不安でオロオロしていた気持ちが、診察してもらって大分楽になりました。
私の中で、ソフト武田先生の株、どんどん高騰。


そうして、運よくこの2日後に手術して頂けることになったのでした。

3本足で歩いている間、怪我していないほうの足にさぞ負担がかかっている
だろうと心配で仕方なかったので、とにかく早く手術して欲しかった。


ピンとは遥か後方に合っている


ところで。


ゆめを診察したソフト武田先生、何の迷いもなくズバッと一言




 「ちょっと肥満ですね。」 




躊躇なく言われたので私もあっさり「ハイ肥満です。」



・・・・やっぱりな・・・・


ソフト武田先生いわく、

「ゆめちゃんは飛び降りて切れたけど、肥満による膝への負荷が原因で
 靭帯が劣化して切れる場合や、年齢に伴う劣化、遺伝性の理由で
 切れる場合もあります。
 そういう場合、左右同じ割合で劣化が進んでいますから反対側の足の靭帯も
 遠くない将来切れる可能性が高いんです。」

反対側の靭帯も切れる、と聞いて言葉を失いましたが、

「ゆめちゃんはまだ若いし、事故が原因だから恐らく大丈夫でしょう。
 でもまた同じ高さから飛び降りたら切れますよ。
 足にかかる負荷を減らす一番手っ取り早い方法はダイエットです。
 ゆめちゃん、2,3キロ減らしてあげてくださいね。」


きっぱりダイエットさせようと決めました。

もしゆめが今より2,3キロ軽かったら、靭帯は切れなかったかも・・・
と思うと、どうしてもっと真剣に間食をやめさせなかったんだろう、と
後悔されてものすごくつらいのですが、それは誰にも分かりません。
体重が15キロであっても、靭帯は切れたかもしれない。

とにかく、当時19キロだったのですが父に協力してもらい
間食をやめただけで現在17キロに。どんだけオヤツで太っとったことか。
っていうか朝菓子パンをもらい、昼はうどんをもらい、3時におやつをもらい、
夜は白ご飯を分けてもらっててそんな状態で太らないわけがなかった。
私がいない昼間に、父がご飯を分け与えていないことを願うのみ。

現在はお昼のオヤツに馬肉ジャーキーかアキレスを1回与えるだけです。
あと、ゆめが朝起きないことや、私が朝急いでいることが理由で
一日一食(夜)だったのを、朝晩の二回に分けました。
それだけでもダイエットに効果があったのかもしれません。



そして手術を迎えました。

なんと当日、高速道路が二件の事故で大渋滞!
トンネル内の玉突き事故現場に、危うく私も突っ込むところでした。
インターチェンジまであとわずか2キロというところから動けなくなり、
その2キロを移動するのに1時間半かかるという恐ろしい事態に。

2時間くらい余裕を持って出たので言われた時間には間に合いましたが、
会社には思い切り遅刻しました。

会社に提出する書類の理由欄に、ちゃんと

「飼い犬を病院へ連れて行く途中事故渋滞に巻き込まれたため」と

記入しました。ざまあみろ。(←誰あて?)


ソフト武田先生、手術が終わってすぐ電話してくれたらしく、
心なしかしんどそうだった・・・
少し疲労のにじんだ声で「ゆめちゃん大人しかったですよ。よく頑張りましたよ」
と言ってくれたソフト武田先生に、胸キュンの予感高まる私であったのでした。


ジュリーにキレる


手術後、退院するまでのことは以前に少し書いたとおりです。
その間私の白髪は増え続け、体重は減り続けました(マジ)。
会社の同僚にも「あの頃○○ちゃん相当暗かったやんな・・・声掛けれんかったもん」
と後から言われました。私、どんだけ!どれほど!

現在、体重は元に戻ったのに白髪は元に戻る気配がありません。泣くぞ。

今日使った写真は、いつかまたこんなゆめが見られますように・・・
との願いをこめて「元気シリーズ」。(最後の写真はただのガウリでは?)

次回は退院、その後のあれこれを少し書きます。
 
 
posted by フジウラ at 11:05| Comment(16) | TrackBack(0) | ゆめきちの靭帯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月17日

その日アイツは飛んだのさ。

 
 
ゆめが靭帯を切ってしまったのが8月1日。

手術が8月11日。

もう手術から一ヶ月以上経つんじゃと。早いもんです。


4本足で歩くようになるまではあっという間だったのですが、
それからほとんど脚の状態に進歩はありません。

多少足取りがしっかりしたような気もしますが、
急ぎ足になると3本足に戻るし、ご飯を食べるときもなんだか浮かし気味。
まあ、なんも急ぐ必要はなかとバイ。(どこの人?)


でも昨日また獣医さんに行ったんですが、獣医さんで車を降りた途端、
一歩でも獣医さんから遠ざかろうと、ハーネス持つ父を引っ張って
怪我して以来かという物凄い速さで走り去りました。
風を切る「グオー」という音まで聞こえてきそうだった。
思わず 「ゆめ 走っとるやんか!!」 と叫んでしまった。

そうそう、足しげく車で公園に通ったにもかかわらず、
今日も獣医さんに着く5キロ先から震度3の震えが来ていました。
・・・・どんだけイヤなんじゃ・・・。



それはともかく、毎日朝晩一緒に歩いて、ゆめの歩行姿にウットリ。
ウンにょの生暖かさを袋越しに感じて、健康であることにウットリ。
そういうなんでもないことが幸せな日々なのでした。
ウンにょを回収するのが快感になる日が来るとは思わなかった。
恐るべし、靭帯断裂。(??)


********************************************

今日は、ゆめが靭帯を切ってしまった日のことを。

そうそれは8月1日。

私は休日で、父もたまたま仕事が休みだったため、夕方の散歩は
車で瀬戸大橋記念公園の近くの島にある公園に行こうと提案。

私があんな提案しなかったらゆめは靭帯切らずにすんだんだ、と
後から意味のない後悔をいっぱいしました。
もうそんなこと、今更言っても仕方ないな。ウンウン。

日が沈むくらいに出かけたので、カメラを持参していなかったため
当日の写真はないのですが、この日のゆめは本当にゴキゲンでした。


浜辺と芝生で良い感じです


浜辺で、スイッチが入ってキャハキャハと一人で駆け回るし、
拾ったでっかいビニールのボールを海に向かって投げてやったら
何度も何度も回収してき、私が投げてはゆめが回収、を
馬鹿みたいに何度も繰り返して
「今日はゆめテンション高いな!」とこっちまで随分楽しかったもんです。


素敵散歩コースなのです

浜辺から島の奥へ入ると小高いところに芝生広場があり、
そこでしばらく逆立ちしたり(人が)、
辺りを嗅ぎまわったり(犬が)して遊んでおりました。


日も沈みあたりも暗くなってきたし、さあ帰ろうかという前に、
ゆめともう一回芝生広場をダッシュ!しておりました。


父とダッシュ



この芝生広場には

酷い絵

こういう場所があります。

犬も人間も、上側と下側の行き来には階段かスロープを使います。


しかしこのとき。



四国犬ゆめ(当時3歳)。




はしゃぎすぎていたようで、







びょーん

突然 鳥になりました。












もう 何事かと。 





銀河(※)かと。

※「銀河 ー流れ星 銀ー」昔少年ジャンプに連載されていた犬漫画。
 犬が喋るわ飛ぶわ回るわ、今読むとかなり色々凄いです。
 私の幼児期〜青春時代はこの漫画の多大なるサポートにより形成されました。
 現在、この漫画の主人公「銀」の息子「ウィード」が主人公になり
 週刊漫画ゴラクで「WEED」が連載されています。
 ちなみに私の大好きなキャラは銀の父「リキ」様(秋田犬)、
 
 リキ様萌え
 うろ覚えリキ様

 紀州犬で「伊賀忍犬」(←一体なんだ)の「赤目」様です。

 赤目さんラブ
 うろ覚え赤目様

 ハッ!!もしかして私の日本犬好きはこのとき既に始まっていた!?
 なんか久しぶりに読みたくなった。明日はブックオフに行こう。




何の話だっけ。


そうそう、ゆめ。


飛んだゆめ。



この奥でゆめは鳥になった

↑現地がかろうじて写っている写真がありました。
写真奥の芝生広場、一見平面ですが、段差になっているのが分かりますか?

ちょっと場所は違いますが、距離的にはA地点からB地点くらいまで飛びました。


飛ぶ直前に一瞬構えたので、「あっ飛ぶ」とは思ったのですが、
あまりに一瞬すぎて引き止めること、かなわず。



天翔けるゆめはカッコ良かった。

父と声をそろえて思わず「んんぬおおおおお!!」と歓声を上げたほどだ。


黒い赤目さんだった。(赤目さんは忍犬なので空を自在に飛びます!)





しかし飛んだのは赤目さんではなくゆめだったので、


飛び続けることはなく、




当たり前だが、



着地した。





ぎゃー

変な音とともに。





悪夢の記憶


右脚は地面につけず、一歩も動こうとしないゆめ。

広場から車まで、父と代わりばんこに抱っこして帰りました。



足を触っても、痛がる素振りもなく、苦しそうでもないので
骨折ではないだろうと思ったものの、
とにかく診てもらったほうがいいと思い、病院へ。


触診で、やはり骨折ではない、おそらく靭帯だろうということ。

レントゲン撮って調べてよ!と思ったのですが、

靭帯はレントゲンに映らないのだとこの時初めて知りました。

切れたのでなく傷めただけなら、しばらく経てばまた歩くようになるから

このまま3日だけ見てみてと言われました。

右脚を使って歩くようになれば、そのまま治るからと。


その間、ネットをさまよって、書かれていることとゆめの様子から、

これは完全に切れているだろうと思いました。

そして手術をしなければならないであろうこと、

いい病院はどこにあるのか、手術で治るのか、どのくらいまで治るのか・・・

毎日不安でした。


手術は県外の病院を紹介しますと言われた時は正直唖然としました。

でも、どんなに遠くてもゆめがそれで治るなら!と思い、決断。

「そんな遠くまで連れて行って可哀相だし、通えないだろう」と
言っていた父も、結局は「○○(私)が思うようにしたらええ」と
言ってくれました。

そして靭帯を切ってから8日後、紹介された隣県の病院へ行きました。

それからのことは次回に。





ゆめが歩けるようになった今だからこんなこともイラストまで書いて

やっと話せたけど・・・



最近気付いたんだけど、ブログを開設したのが去年の8月2日だった。


どうやら、開設一周年記念に飛んでみたらしい。



めんごめんご



むっきぃぃぃぃぃーー!

ゆめええ!!


そんなサプライズはいらーーん!!



飛べるとこと飛べんとこはちゃんと判断してから飛んでくれー!!!



私の白髪をどうしてくれんねん!!
(ゆめが怪我してから、マジで恐ろしいくらい増えました。
 お嫁にいけない。(←もともと))

 
聞いてません 
 
 
posted by フジウラ at 23:39| Comment(23) | TrackBack(0) | ゆめきちの靭帯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする