2014年03月22日

ゆめさん、復活!

 
ご心配おかけしていましたが、ゆめさん、とっても元気です!


140322_1.JPG

●●●日向ぼっこ中●●●


術後8日になる日は一日2食ガッツリ食べ、何よりゲーリーが
治まりました。まだ若干ゆるめですが、許容範囲内です。
お腹が減ったと催促する姿も見られます。


140322_2.JPG

翌日も朝からメシくれメシくれと絶好調。
散歩は逆に痴呆かと心配するくらいどこまでもどこまでも際限なく
歩くくらいだし、元気が有り余ってぬいぐるみで遊ぼうとかプロレス
しようとか誘ってきます。
そんな姿が嬉しくて本気でプロレスしてドタンバタンゆめ放り投げ
てたらえもんが怖がって泣きました。ケンカしてると思ったのかな。



140322_3.JPG

ウンピがゆるめなのは抗生剤のせいかもとお友達が教えてくれました。
病気で倒れてからずっとゲーリーだったしそれは考え付かなかった…

抗生剤は抜糸が終わるまであと5日分くらい処方されてるんだけど
それを終えたらお腹の調子もすっかり良くなるといいな。



140322_4.JPG

ゆめが元気を取り戻してくれて本当に嬉しい!



140322_5.JPG

術後10日になる昨日はワン友さんと前々から会う約束をしていて、
ランチ、お散歩とゆめも連れて行きましたがどこが病み上がりなの?
ってくらい元気はつらつ、山の中を駆け巡っていました。
その様子は次回に。



140322_6.JPG

余談だけどゆめ父、ゆめのこの右足の点滴ハゲを「試し剃り」だと
思っていたそうです。

開腹手術のたびにわざわざそんな目立つ位置にそんな広範囲で試し剃り
しちゃう獣医さんなんて、いやだ。慎重派すぎるわ。



140322_7.JPG

アタイは元気だよ〜!心配してくれたみんなありがとう〜!


********************************************************
posted by フジウラ at 23:19| Comment(7) | ゆめ子宮蓄膿症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月19日

ゆめさんの経過。

 
ゆめさん、手術後食欲は一旦戻ったように思われましたが
その後食べたり、食べなかったりとなかなかスラッと元通りにはいかず
一喜一憂させてくれます。


140319_1.JPG

ずっと下痢が続いているのも心配です。
今日は病理検査の結果を聞きに獣医さんへ行くのでそのときに
相談してみます。



140319_2.JPG

そのほかに気になるというか以前と違う点としては、病気になってから
全体的に覇気がない。細かい部分で色々。

食欲が湧かないせいだろうけど、オヤツに反応しない。
人間のご飯を作っていたら必ず横にスタンバイしておこぼれをもらおうと
していたのに、全くそういうことがない。

掃除機に怒らない。毎回激怒してたのに…

「散歩」「ご飯」「ドライブ」などと声をかけても起きない。
いつもなら飛び起きていたのに…



140319_3.JPG

病気や怪我のストレスで一気に老け込むことがあるってよく言うけど、
本当にそんな感じがする、ここのところのゆめさん。
寂しいけど、体調の危機は脱しているように思われるし、
回復とともに気力もまた復活して欲しいものです。

散歩で歩く量は以前より増えてるくらいなんだけどなあ。



140319_4.JPG

えもんもゆめが相手してくれないので、つまらなさそうです。

写真は先月の中ごろに撮ったものです。
桜が咲いたらまたみんなでドライブに行こう。


ゆめの状態の経過を追記に記しています。

 続きを読む
posted by フジウラ at 13:34| Comment(11) | ゆめ子宮蓄膿症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月15日

ゆめさんおおごとに。

 

ゆめさん、体調不良で手術・入院となり一泊で帰宅して自宅療養中です。


140315_1.JPG


診断は子宮蓄膿症でした。

術後の経過はいいようですが食欲が無いままで、心配です。

散歩は元気一杯たくさん歩くし、散歩中のガウガウも健在だし(←もはや元気の指針)
食欲以外は健康体に戻ったように思われますが、ここ6日ほどの間に食べたもの
といったら普段の食事の一回分にも満たない程度。


140315_2.JPG

早くゆめさんが以前のように腹減った〜〜くれくれ〜〜と騒ぎ立てる姿を
見たいです。



140315_3.JPG

子宮蓄膿症は避妊手術で防げる病気ですが、私はメリットデメリットについて考えた上で
ゆめには避妊手術をしない選択をしたので今になって単純に「避妊しとけばよかった」と
いうふうには思いません。ただ実際こうして病気で苦しむ姿を前にしてしまったので、
たとえばいつか将来別の犬を育てることになって避妊するかどうかを決めるときに
辛そうだったゆめの姿が思い出されて「あんな姿はもう見たくない」という理由で
避妊する道を選ぶかもしれない、とは思います。


今はゆめがこのまま回復へ向かえるように出来るだけのことをしてあげたいです。




140315_4.JPG

えもんは不思議なことに、いつも寝ているゆめにちょっかい出しては怒られているのに
ゆめが退院してからは全くゆめに悪さをしません。(写真は以前のもの)
「ゆめちゃんお腹イタイイタイやけん、ネンネの邪魔したらいかんよ(許さんぞ)」
って私が言ったのを理解しているのかいないのか…
なんとなく元気がないのを察しているのかもしれません。
いずれにせよありがたいことです。



以下は自分のための記録ですが、ブログをご覧になるどなたかのお役に立つことも
あるかもしれませんのでゆめの病状についての経過を記しておきます。
 
文章だけですし長いので興味のある方だけ続きからどうぞ。
 
 
続きを読む
posted by フジウラ at 23:20| Comment(13) | ゆめ子宮蓄膿症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする