2017年07月24日

ゆめ、ゆめ


ゆめが私たちの元から旅立ち、2週間が経ちました。


時間の感覚がおかしくなったのか、
ゆめがいなくなってもうずいぶん経つような気がしたり。

ほんの2週間前までゆめが生きてそばにいたというのが
なんだか信じられないような気もするのです。



泣いてばかりでした。
人生にこんな悲しいことはもうないだろうと思うくらいでした。

朝目覚めては泣き、台所に立っては泣き、リビングを見ては泣き、
寝室のゆめスペース(ゆめベッドを祭壇代わりにしています)を見ては泣き。
外に出ても、車の後部座席の足元に散っているゆめの毛を見て泣き
(最後の3日間、後部座席の下に乗せて点滴へ連れて行っていた)、
スーパーでゆめの好物を目にしては泣き。

何か他のことをしていたり、他人と話をしていたりすると
一時ゆめのことを忘れているのですが、それが終わった次の瞬間には
もうゆめのことを思い出して涙が勝手にあふれてくる。

そんな日が続きました。

うまく表現できないのですが、こんなに1日中悲しんでいて
精神は耐えきれるのだろうか?おかしくなっちゃわないだろうか?と
自分で自分が心配でした。

頭が勝手にゆめのことを考え続けて常時悲しみでいっぱい、
という日が続いて、どうしようもなくやるせなく、疲労しました。
こんなのが続いたら持たない、と思いました。

でも同時に、こんな状況はいつか終わると分かっていたし、
そしてそんな日が早く来てほしい、という思いと
そんな日は来ないでほしい、ずっとずっとゆめのこと考え続けていたい、
という思いでとても複雑でした。




ゆめがいなくなって2週間が経った今、私はほとんど泣かなくなりました。
悲しみや寂しさが減ったわけではありません。
ただ、ゆめがいないことに心が少しずつ慣れてきている。
寂しさにフタして、普通の顔して生活することができるようになってきた。

ゆめがいない家で笑っている。ゆめがいない散歩道で笑っている。
そのことにハッと気付いて悲しみが押し寄せます。
ゆめごめん、ゆめがいないのに私もう笑ったりしてる。
ゆめがいなくてこんなに寂しいのに、会いたくて会いたくてたまらないのに、
ゆめのことを忘れて笑っている瞬間がある。
ごめんねゆめ、でもそうしないと、生きていけないわ。
ゆめがいなくなったら生きていけないって思ってたけど、
こうしてその時を迎えても当たり前だけど生きていかないわけにはいかないから、
明日もきっとどうにか笑ってやっていくよ。



今日の夕方、父とえもんとおはるさんと、みんなで散歩に出て、
大判焼きを買いました。

散歩に行こう、大判焼き買おう、と父から提案してくれました。

ゆめの葬儀を終えた次の日、ゆめはいないけどみんなでまた毎日散歩しよう、と
私が提案した時「それは、、、せつのうなるけん(イヤや)」と
言った父が、今日初めて散歩に行こうと自ら言い出した。

とても嬉しかったです。

ゆめと数えきれない回数一緒に歩いた道を、ゆめなしで歩きました。
ゆめにお供えする用と自分たちで食べる用を買い、店の前のベンチで
アツアツを食べました。
ヨダレをまき散らしながらおねだりしてくるゆめはもういないけど、
それでも美味しかった。
行きとは別の、これまたゆめと何千回と歩いた道を辿って帰り、
途中の水路で魚やザリガニやカエルを捕まえて遊びました。


帰宅後、ゆめの食事ボウルに大判焼きをお供えしながら父が
「美味しいよ」といった口調がいつもゆめに向けられていた
優しい口調そのままで、でもその言葉のむこうに生きているゆめが
いない、ということが急にものすごく悲しくて、今日初めて涙が出ました。


ゆめ、今日のディナーは大判やで。
一個まるまるやで。ありえへんやろ。
一気食いしてええで。


いつまでもウジウジ悲しんどる未練がましい飼い主たちで、あきれ返っとる?
情けないのう、と思っとる?
それもこれも、ゆめが可愛すぎたせいやで。どうしてくれるんよ。
あんたの存在、大きすぎ。マジで。

でも大丈夫やで、どうにかやっていくわ。

ゆめのおらん道を、また歩くわ。
ゆめも、暇やったら一緒について歩いてな。
でもって、できれば時々、気配感じさせてな。



ゆめとのお出かけの写真が残っているので、それをここに載せるのを
自分の夏休みの宿題にします!(笑)


***************************************************************************
posted by フジウラ at 23:26| Comment(11) | ゆめきちあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ゆめちゃんがうちのわんこに少し似ているので勝手に親近感をもっていました(うちのは保護犬の雑種ですが)。ブログも楽しく拝見させていただいていました。
私は犬を飼うのは3度目でわんこを失う悲しみには毎回耐えられないけど、後から思うのは、出会えてよかった 今までありがとう、ということのみでした。
ゆめちゃんとのお出かけ写真もお待ちしています!
Posted by ぽち at 2017年07月25日 02:03
今は思い切り悲しんでください。
それがゆめちゃんを悼むことになりますし、思い切り悲しみきったら気持ちが次に向かえます。
旅立ったわんこは、残された飼い主が悲しんでいるのを見て、悲しむんだそうです。
笑顔の飼い主を見たらゆめちゃん安心しますよ。
飼い主が笑顔で日常を送るようになっても、ゆめちゃんを忘れたわけではないですから。
ゆめちゃんこんなに愛されて本当にしあわせわんこですね。

↓すでにご存じかもしれませんが、ちゃみの時に教えて貰ってずいぶん心が慰められました。

犬爺 - くるねこ大和
http://blog.goo.ne.jp/kuru0214/e/71bbb72ad0b9269f264110257780017f

羊の国のラブラドール絵日記シニア!!|ちょっと救われた言葉
http://chloebisu.com/blog-entry-2624.html
Posted by morninglover(ちゃみハハ) at 2017年07月26日 06:45
ゆめちゃん丸ごと1個よかったねえ!ゆめちゃんなら3秒で吸引かしら!?
ゆめちゃんとはブログだけのお付き合いですけど、
ゆめ魚雷とか(すいません、面白すぎて動画勝手に保存してます!)、
鳥を追いかけて獲れるわきゃねーとか、
おいしいもの目の前にしてヨダレダラダラとかアウオウ顔とか、
面白い事ばっかり覚えております。
お父様のことは本当ーに心配しておりました。
周りでは高齢でワンコを亡くした男性は落ち込みがすごかったので。
実はハナマイがちょっとけっこうヤバくて。
我が家の高齢父がどうなっちゃうのかかなり心配です。
Posted by ハナマイヤー at 2017年07月26日 15:06
やっぱり 父様 大判焼きを食べにいくなんざ出来る男だわ

丸ごと一個 喜んでるよ ゆめちゃん!!
(今日でてきました)
Posted by たたこ at 2017年07月26日 20:06
◆ぽちさん

ありがとうございます。
そうなんですよね。
私も、ゆめにお別れを言う日、何を言おうかと思いましたが
ありがとう、私に会ってくれてありがとう、楽しかったよ幸せだったよ、
それだけでした。それに尽きました。
何万回伝えても言い足りない気がするくらい。

お出かけ写真、そんなにたくさんではありませんがまた載せますね。




◆morninglover(ちゃみハハ)さん

ありがとうございます。

>飼い主が笑顔で日常を送るようになっても、ゆめちゃんを忘れたわけではない

そうなんですよね。分かってるんですが、今はまだ笑って過ごす瞬間があることに
うしろめたさを感じてしまいます。
つい心の中で、ゆめに「笑ってるけど、ゆめがいないつらさがなくなったワケ
じゃないから!」と言い訳みたいな気持ちが湧いてしまいます。

リンク先、くるねこ大和さんのは読んだことありましたが今読むと胸が詰まって…
2つ目のリンク先も、読んでて泣いてしまって。
でも素敵な考え方ですね。こうやって涙が出ているうちは、まだゆめがそばに
いてくれてるってことなんですよね。ゆめありがとう。

ちゃみさんが旅立たれたこと、随分後で知ったので、その時はお言葉もかけられずにいました。
今もそばにいてくれてますか?




◆ハナマイヤーさん

3秒は無理かもしれないけど多分10秒はかからないですね!
魚雷動画は私もすっごくお気に入りだったんですよ。
ゆめが残像でしか写っていないとしても(笑)!
なのに、どこに保存したかわからない上に動画サイトが閉鎖されちゃって…
なので、その保存したものをメールで送って頂くことできないでしょうか!?

私も、ブログにアホみたいなことばっかり書いててよかったな〜って
思ってます。ブログを読んでいると、楽しいこと面白いことばかり
思い出せるからです。ゆめとの幸せな時間を記録しておいて本当に良かった。

父のこともご心配ありがとうございます。
私はゆめの代わりにはなりませんが、私のやれることで元気付けて
あげたいです。
ハナちゃん食欲がないと読んで心配してました。またそっちに伺いますね。




◆たたこさん

釈放されたのですね!おめでとう♪

大判焼き買いに行こうって言われて本当にびっくりしたけど嬉しかったよ。
きっと私と同じように、大判焼きに行く道も帰る道も、食べてる途中も
ゆめのことばかり考えて今はつらかったと思うけど
それをやろうと思えるようになったことが、最初の一歩だと思った。
季節的にそろそろ腐るだろうから明日買い替えようかな(笑)
Posted by フジウラ at 2017年07月26日 23:14
そうだね
ゆめちゃん、大きい存在だものね。

父上、
お散歩、大判焼き…
なんだかホッとしましたよ。
ゆめちゃんも、
大喜びで、大判焼きほおばってるよ!
おりばー、
好きな物をお供えしていると
ほおばってるよ
ホントは、
ばすてぃがつまみ食いしてるんだけなんだけど、
黙認です。

ゆめちゃん、
この季節は、
毎年、恒例の豪快なへそ天の季節だね
Posted by ニコエコ at 2017年07月27日 09:17
◆ニコエコさん

生きてる時から分かっていましたが、存在が私たちの中で大きすぎて
いつかゆめがいなくなることに心のどこかでずっと怯えて暮らしていたような
気もします。

ゆめ、大判焼ききっと喜んでますよね。

そちらもばすてぃ君がつまんでるように見せかけて、
おりばー君が時々戻って来てかじってるのかも(^^)

ヘソ天の季節ですね。
ゆめはここ数年やらなくなっていましたが、冷房の下でひっくり返っていた姿が
懐かしいです。
Posted by フジウラ at 2017年07月28日 07:21
お久しぶりです。ブログからもツイッターからも縁遠い生活になってしまっていたので、ついさっき知りました。
ゆめちゃん・・・。そうでしたか。
幸せな、本当に幸せな一生でしたね。
ゆめちゃんの元気な写真と、フジウラさんの愛のささやき…いや、愛の叫びのおかげで、私もとても幸せをもらっていました。
ゆめちゃんのご冥福を、心からお祈りします。

ペットがいなくなって嘆き悲しむのも供養だし、泣いて泣いて、そのあと元気を取り戻すのもまた供養だと思っています。フジウラさんの涙が止まることは、ゆめちゃんを忘れることではなくて、ゆめちゃんを供養することにつながるはずです。
無理しないでたくさん泣いて、それからゆめちゃんとの楽しかった日々を思い出して、笑ってあげてくださいね。

Posted by ねこた at 2017年07月29日 08:11
◆ねこたさん

お久しぶりです。元ちゃんは元気ですか?

ゆめにお言葉をありがとうございます。
ゆめは幸せだったと言ってもらえると救われます。
でも、本当はゆめ自身からその言葉を聞きたかったです。
私たちばかり幸せにしてもらって、ゆめはどうだったのかな…
ゆめも幸せを感じられる一生だっただろうか…
ずっと考えています。

泣かなくなるのは忘れることじゃないと分かっているのですが、
涙が出ないことに申し訳ない気持ちになってしまう、、、
まだ今は、そんな時期です。毎日、会いたいです。

Posted by フジウラ at 2017年07月30日 22:51
たいへんご無沙汰しております。
パソコンを滅多に使わなくなり、今日久しぶりにお邪魔させてもらったら・・・

ゆめちゃんが・・・心よりご冥福をお祈りします。号泣

可愛いお顔に、優しいお姉ちゃんだったゆめちゃん。
いっぱい頑張ったよね。
今はたくさん遊んで、走って、ゆっくりしてね。
寂しくなったけど、ずっとずっと忘れないよ。

フジウラさん、大丈夫ですか?
お爺様は?悲しみの深さを思うと心が痛みます。
ゆめちゃんはフジウラさんの娘になれて、たくさんの愛情をそそいでもらって、
ほんとに・・・本当に幸せだったと思います。
今はまだまだ気持ちがお辛いと思いますが、焦らずゆっくりされてくださいね。

暖かいご家庭で育って、最後を送ってもらえて、ゆめちゃん幸せな犬生だったと心から思えます。
お出かけのお写真、アップさせるのを楽しみにしてます。
Posted by みやママ at 2017年08月07日 14:33
◆みやママさん

お久しぶりです。
ゆめにお言葉を下さり、また私や父のことまでご心配頂き、
ありがとうございます。
まだまだ悲しみも寂しさも尽きませんが、時間が痛みを和らげてくれるのを
待っています。
ゆめが幸せだったと言ってもらえると、救われるようです。
少なくともゆめといられて私は本当に幸せでした。
ゆめにはいくら感謝しても足りません。
お出かけ写真も残り少なくなりましたが、またお時間のあるときに
見て下さいね。
Posted by フジウラ at 2017年08月09日 23:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]