2015年07月20日

実は老いてる。

  
  

あなたの老いはどこから? 私は膝から!


あ、いや腰も!

いや、よく考えたら白髪から!

小学生の頃、既に「鏡を見ながら毛抜きで白髪を抜く」という行為を
日常的に行っていたからね・・・。



そんな私の老い事情はどうでもよくて、ゆめさんの話。


150720_1.JPG

今年の9月で12歳を迎える立派なシニアのゆめさん。

食欲は以前にも増して激しいくらいだし、
散歩の距離も変わらず毎日よく歩くし、
時々ゆめがもうお年寄りだということを忘れそうになります。



150720_2.JPG

でも、確実にゆめにも老いは迫っています。



150720_3.JPG

10歳くらいから、硬いオヤツを食べると消化不良を起こして
ゲーリーになってしまうようになり。
好きだった牛骨や豚耳の燻製をやめました。
市販のハードタイプのジャーキーもやめました。

先日久しぶりに手作りササミジャーキーを与えたら、
翌日からゲーリー・・・
そんなにバリッバリに硬く作らなかったのに、もうこんなのも
消化できないのか、と軽くショック。



150720_4.JPG

その次に分かりやすく表れてきたのが、聴覚の衰えでした。

思えば数年前から散歩中にネズミ狩りをしなくなったのが
最初の兆候。
あの我々には聞こえない、ネズミの発するカサコソ音が
もうゆめにも聞こえなくなっていたのでしょう。
猟欲が衰えたのかと思ってたんだけど、姿が見えたり
匂いがしたりすれば張り切って狩ろうとするので
狩りをする気がなくなったわけではない模様。



150720_5.JPG

耳はここ1年ほどで急に聞こえなくなってきたようで、
最初の頃は私や父も心配しました。

「お菓子の引き出し開けても、飛んでこん!病気!?」
「ヨーグルトいるかって呼んでもこん!病気!?」
「駐車場に車が入る音がしても、出迎えにこん!病気!?」
「隣の公園で子供が騒いどっても、反応せん!病気!?」
「玄関のチャイムに反応せん!病気!?」

全部こんな感じで再々「元気ない疑惑」が発生してたんだけど、
やがて鈍い我々も気付きました。

これはゆめ、聞こえとらんな・・・と。




150720_6.JPG

と言っても全然聞こえてないわけではなく、
近くで声をかければちゃんと反応します。

でももう聴力は人間レベル以下のような気がする。



150720_7.JPG

ゆめの耳が遠くなった、と気付いたときショックでしたが、
すぐに割とどうでもよくなりました。

何と言っても、本人が全然困っていないし。

むしろ雑音が減ったお陰で寛げるようになったのか、
以前は昼寝していても外からの物音にすぐ反応して飛び起きて
番犬活動に神経をつかっていたのに今はそれもなく
散歩とご飯以外の時間はクーピーとよく眠れているようです。

外界からの刺激も大事だけど、年取ったらおうちではもう
ゆっくり寝たいよね。

その分、お散歩やお出掛けで楽しい刺激を与えてあげたい。




150720_8.JPG

あとはまあ、昔からキビキビ歩くタイプではなかったけど
散歩中の歩調が結構チンタラになってて、昔は1時間で
回ってたコースに1時間半くらいかかるようになった。

でもキビキビ歩かれたらえもんが全然追いつかないので
これはこれでちょっと助かってたりする・・・。



150720_9.JPG

とまあ、いつか書こうと思ってたゆめさんの迫り来る老い事情、
今のところはこんな感じです。


昔、ゆめが若かった頃、ゆめがいつか年取って昔できていたことが
できなくなったりしたら、あ〜若いゆめに戻って欲しいって
悲しい気持ちになるんだろうなあ、と思っていました。

でも違ったな〜。



150720_10.JPG

今のゆめが一番可愛い。
チンタラゆっくり歩いてるゆめが愛しい。
耳が遠くなって、耳元で呼ばれてやっと「呼んだ?」みたいな顔してる
ゆめが心から愛しい。
望遠レンズでないと寝顔が撮れないっていうくらい、ちょっとでも
何かが近づいてくる音がすればハッと目を覚ましていたのに
今では鼻と鼻がくっつくくらい近寄っても昼寝から目覚めない
そんなゆめを突然抱きしめてビックリさせたいくらい好き。

老犬らしい、目元のシワシワした寝顔を見ていると
一緒にいた長い時間がそこにぎゅっと詰め込まれてる気がして
心の底から愛おしくなる。



150720_11.JPG

ゆめ、どんどん年取っていっていいよ。

どんなゆめも絶対大好きだからね。


**********************************************************************
posted by フジウラ at 22:40| Comment(9) | ゆめきちあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月07日

祖谷(いや)散策記。

 
 
さて前回の続きですが、ゆめをエレエレに車酔いさせてまで
どうにかたどり着いた祖谷(いや)の蕎麦屋で、ワンコNGを
食らってしまいトホホのほーちゃんだった私。


140705_4.JPG

でもまりこさんが「散歩した後、店がすいてる時間にまた来よう」と
柔軟な提案をして下さり、ありがたや・・・。

ということで渓谷に着き、まずは腹ごしらえ。

名物の「でこまわし」と、



140705_5.JPG

鮎の塩焼き。うーん、においがそこら中に漂っていてたまらん!
と思ったら、朝ごはんを全部出して腹ペコになってしまったゆめさんが
鮎の匂いに反応し必死になって道に落ちてるカスを拾い食い。

やめーい!



140705_6.JPG

でこまわしの中身は蕎麦団子、じゃがいも、豆腐、こんにゃく。
柚子味噌付けて炭火で炙っているんだけどこれが美味しい!
鮎を食べている間ゆめが足元でくれくれアピール必死。
内臓辺りをちょこっとおすそ分けしたよ。



140705_7.JPG

お腹が落ち着いたら遊ぶぞ〜!
川が物凄く綺麗で見飽きない。流水のある風景、大好き。


140705_8.JPG

川にはオタマジャクシが。食い意地大王トトっちが速攻で
「オヤツですかー!」と覗きにきた。


140705_9.JPG

「ほら!お食べ!私のご飯が食べられないの!?」と
なぜかオタマジャクシを食べさせられそうになるチワっち。(一部捏造)


140705_10.JPG

ちなみに自分からは水に入ろうとしないTDCでした。
気持ちいいのに〜。


140705_11.JPG

川遊びを楽しんだ(飼い主たちが)あとは川沿いの紫陽花ロードから


140705_12.JPG

渓流を眺めては癒され・・・。


140705_13.JPG

その後かずら橋から離れると周りに人っ子一人いなくなってしまった。

しかしどうやら地図によるとこの先に公園があるそうなので
何となくそこを目的地に、どんどん進む。


・・・しかしようやく公園の看板が見えてきたと思ったら



140705_14.JPG

何かもうとんでもなく怪しい。

とりあえず、意味が分からない。

逆に内容が気になって、行かざるを得ない。





140705_15.JPG

到着すると、何となく予想は付いてたけど閉園していた。



140705_16.JPG

門だけで既に怖かった。

あとで調べると、4年ほど前に閉園したらしい。
看板から想像される通り、いやむしろそれ以上にカオスな公園
だったらしい。興味のある方は「祖谷 お山の公園」で
検索してみてね!
夢に出るよ!


140705_17.JPG

気を取り直して林道を散歩。涼しくて快適、快適。
ちなみにこの写真、トトっちが完全に溶け込んでる。


140705_19.JPG

ゆめも空腹を忘れて(いないかもしれないが)
楽しんでくれてたような気がする。


140705_18.JPG

どこまでも歩きたいくらいだったけど途中で林道の管理会社?の
私有地?っぽい場所に侵入するようになっていたので
引き返し・・・


140705_20.JPG

途中で怪我して弱ったヘビをゆめが頭から食べようとしたのを
阻止し・・・(やっぱり腹が減ってる)


140705_22.JPG

かずら橋まで戻り、滝を眺めながら休憩。
マイナスイオン最高。

チワっちが全力で水場から離れようとしている(笑)



140705_21.JPG

ゆめ可愛すぎて鼻血。



140705_24.JPG

その後、ラムネアイス(プチプチのラムネ入りでうまし)で
喉を潤し、


140705_23.JPG

ゆめの可愛さにうっかり帰り道また酔うかもというのを忘れて
コーンの部分をあげてしまったよ・・・



140705_25.JPG

それから、やっとこ当初の目的だった蕎麦屋へリベンジ。
午後4時ということもあり昼間とは打って変わって
テラスにもほとんどお客がおらず、どうぞ〜を頂きました。
めでたし、めでたしー!

渓谷を見下ろすテラスは風が吹き渡って気持ちいい〜!



140705_26.JPG

祖谷は蕎麦が有名なんだけどちゃんと食べるのは始めてかも。
「ぼけあげそば」という巨大なおあげさんの乗ったのを注文。
蕎麦もおあげもだけど、出汁が美味しくて飲み干した〜。
うう、足りない。写ってないけどでこまわしも再度頼んだのに、
蕎麦ももう一杯食べられそうだった。



140705_27.JPG

美味しいものを食べながら隣には愛犬の笑顔、



140705_28.JPG

股の間にはイタグレ。

至福だわ・・・。

(速攻でまりこさんにド叱られてたトトっち)



こうしてどうにか当初の目的も果たし、帰り道はゆめを車酔い防止策
として後部座席で寝させて無事に帰りつくことができたのでした。


140705_29.JPG

行きもこうすりゃ良かったんだ・・・。


あー、今回も美味しくて楽しい休日でした。
まりこさん、ありがとう!

えもんを一日見てくれた旦那もありがとー。

ゆめ、車酔いに懲りずに、またお出掛けしようね!


******************************************************************
posted by フジウラ at 22:16| Comment(8) | ゆめきちあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月06日

祖谷(いや)への道中、いやーん。

 
 
6月の終わりに、またもマジ雄さんが育児休みをくれた。
これで3ヶ月連続。
どうしたマジ雄。いけいけマジ雄。ツノ出せヤリ出せアタマ出せ。


という訳で久しぶりにまりこさんとTDCをお誘いして
ドライブに行くことに。

行く先は・・・



140705_1.JPG

山奥どーん。


ここは徳島の山深いところにある祖谷(いや)渓谷。
まりこさんが別の場所で高原散歩を提案してくれてたんだけど、
どうもお天気がピーカン予報で、日陰のない高原散歩は
厳しいかも?と他に色々考えてるうちに、突然祖谷で蕎麦が
食べたくなってしまった私。

いきなり2日前に「祖谷で蕎麦食べたい」と提案して
それに乗ってくれるまりこさんマジでありがとう。



140705_2.JPG

しかし、実はこのドライブデートにおけるクライマックスは
目的地を前にして突然訪れた。

今回まりこさんに車を出してもらったんだけど、
目的地目指して山道をギュンギュン走っているうちに、
どうやら助手席にデカい顔して居座ってるこのゆめさんとかいう
犬が車酔い。(TDCはケージに入って後部座席)

ゆめの目がだんだんうつろになってきて、ヨダレの量が
華厳の滝並みになり、何度か後部座席の私の顔を
助けて欲しそうな顔でじっと見てくる。

これヤバイ?いや、どう見てもヤバいよね。
でも、目的地までもう少しだから!ゆめ頑張って!

・・・しかし頑張れなかったゆめさん。
ついにうな垂れたままそわそわし出したので来る!これは来るよ!
ストップストップ!

まりこさんの車の中でリバースだけはやーめーーーてーーー!!

まりこさんが素早く路側帯に車を停め、私は後部座席から
外へ降りたんだけど、どうやらその時にはゆめの喉の奥から
「ぐうっ、ぐうっ」という何かがやってくる音が聞こえていた
らしい・・・。

私が外から助手席のドアを開ける前に、中からまりこさんが
ドアを開けて素晴らしく機敏な動作で

ゆめを車外に突き飛ばした!押し出してくださった!!

 「ゆめちゃん出てー!!」 というまりこさんの叫びとともに
鞠のように助手席から転がり出てきたゆめ。
一歩外に足を付いた瞬間、お口から朝ごはんがこんにちは。

よ、よ、よくやった、ゆめー!て言うかまりこさんよくやった!

私が助手席のドアを外から開けるまで待ってたら
絶対にアウトだったよ・・・。
車内で目も当てられない大惨事になるとこだったよ・・・。



この時点で目的地までもうすぐ。胃を空っぽにしちゃったゆめさんは
何とかこの後無事に酔わずに辿り着けたのでした。

本気で冷や汗が出た事件でした・・・。
ゆめが車酔いで吐いたのなんて若い頃以来だったよ・・・。



140705_3.JPG

そんな大変な思いを(ゆめとまりこさんが)して辿り着いた渓谷。
山の緑と川の美しさが織り成す絶景に心洗われるよう。

実は到着前に目的の蕎麦屋を訪れたんだけど、
ネットで調べてテラスは犬連れで食事ができるという情報を得ていたのに、
いざ行ってみると店員さんに「テラス人がいっぱいやから
犬好かん人おるかも分からんし、ちょっとねえ」と却下され、
落ち込みの極地。

2時間かけてここまで来て、しかもまりこさんに運転させた上に
危うく車を犬のゲ●まみれにされる恐怖を味わわせた上に
調べといた店がブーで目的の蕎麦も食べられないなんて
もう絶交されちゃうかもしれない!!と、シオシオになってしまった・・・。



果たしてどうなる、この道行・・・

といったところで笑点お開き。また来週のお楽しみ!



いや、単に写真が多かったのとゆめが酔った話で長くなったので
2回に分けるだけです。



次回予告


140705_14.JPG

カオスへの入り口。



*********************************************
posted by フジウラ at 00:47| Comment(4) | ゆめきちあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする