2012年11月30日

感謝の気持ち

 
121130_1.JPG

当たり前のことだけど、自分にも赤ちゃんのときがあって
母は泣く私のオムツを換え、おっぱいを飲ませて
頭をなでながら子守唄を歌ってくれたりしたんだろうな。


121130_2.JPG

自分もこんなに手間をかけられて、こんなに大事にされて育ったんだと
自分が親になってあらためて気付かされます。


121130_3.JPG

私は帝王切開で産んだので一般的な意味での「生みの苦しみ」は
味わわなかったんだけど、叔母に聞いたところ私の母は出産のとき
陣痛にぎゃあぎゃあ喚きまわって付き添ってた父も大変だったらしい。
母はいつもクールで冷静、落ち着いて物静かなイメージだったので
意外でした。


121130_4.JPG

5年前、義姉が甥っ子1号を産んだとき、病院へ行って義姉に
「頑張ったな〜!やっぱめっちゃ痛かったんやろ〜」と聞くと
義姉が「めっちゃくちゃ大変やったけど、お母さんもこうやって
自分を産んでくれたんや!って思ったらもうお母さんへの感謝で
いっぱいになったよ」って言ったのが忘れられません。
それを聞いた瞬間ハッと胸が詰まって何も言えなくなりました。


121130_5.JPG

イヌえもんを産んで10日後、退院の日、ゆめの待つ我が家へ
帰る前に母の墓前にイヌえもんを連れて行きました。
口にしたいことはいっぱいあったのに、「お母さん、」としか
言えなかった。


121130_6.JPG

父はイヌえもんが誕生した日に手紙を書いてくれました。
筆不精の父。年賀状に添える2行の文章を考えるのに
1時間かかるという父が、下手くそな字で(笑)綴ってくれた
文章は飾らないぶん、まっすぐに気持ちを伝えてくれて
私は涙が止まりませんでした。


121130_7.JPG

こんなにいろいろな人への感謝の気持ちに満たされて過ごす日々は
かつてなかったかも。

ゆめにもマジ雄さんにも義両親にも、ねえちゃんや友人にも、、、


そしてイヌえもん、生まれてきてくれてありがとう。

父さん母さん、私を生んで育ててくれてありがとう。



121130_8.JPG

そんなしっとりした気分でいられるのも、わずかな時間。
イヌえもんがまたギャースギャースと泣き始めます。
私の乳が不甲斐ないため、せっせとミルク作り、搾乳・・・。
一日が乳関係(笑)に追われて終わる今日この頃です。


121130_9.JPG

合間を見てゆめと大判焼き買いに行ったり肉まん買いに行ったり。
そんなのが貴重な息抜きの時間なのでした^^


************************************************************
posted by フジウラ at 23:31| ゆめとイヌえもん(0歳) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月26日

お昼寝姉弟と冬の到来

 
121126_1.JPG

イヌえもん誕生から1ヶ月、
一週間前の写真を見るともうイヌえもんの顔が変わっているようで
赤子の成長の速度に驚く日々です。


121126_2.JPG

ゆめは最初から変わらず、泣いたり飲んだり寝たりを繰り返している
この奇妙な生き物の存在があまり気にからないようです。
夜中に耳の横でギャン泣きされてもしら〜ん顔です。



A8HmshoCQAArStC.jpg

ツイッタに載せたのと同じ写真ですが・・・。

こんな姉弟のお昼寝風景が私の心をぽわーんとさせてくれます。

ゆめがいい子でいてくれるので本当に助かる、
なんでこんなにゆめは物分りがいいのか?という話を
先日兄貴がうちに来てくれたときにしていたのですが、


私:「イヌえもんがお腹におる時から何度もゆめに説明しよったんを、
   ゆめはちゃんと理解してくれとったんや」


父:「ゆめは賢いから、状況を見て、これに手ぇ出したらあかんて
   察してあきらめてるんや」



と、ゆめイイコ説、ゆめ賢い説を繰り返す私とゆめ父に対して兄が一言


兄貴:「もうちょっとデカなってから食おうと思っとるだけやろ」



121126_4.JPG


いや当たるなよ。



どの説が当たりなのか?は謎ですが、
毎日100回くらいゆめにイイコイイコしてあげても足りないくらい
ゆめが愛しい毎日です。

愛しすぎて、しょっちゅうイヌえもんの名前をゆめと間違えます。

ミルクあげながら「ゆめ、あ〜んして」「ゆめ、美味しい?」
イヌえもんを撫でながら「ゆめ可愛いな〜」

しょっちゅうです。マジ雄さんに「有り得ん」と言われるくらい
間違えまくります。誰か助けて。



121126_5.JPG

先日、マジ雄さんにイヌえもんを見てもらっている間に
久しぶりにゆめと二人で散歩しました。気持ちよかった!


121126_6.JPG

ふと見ると庭のモミジが真っ赤になって、家にこもり気味の私に
冬の準備をするようしらせてくれました。


121126_7.JPG

しばし、ゆめと一緒にモミジ観賞。


121126_8.JPG

ベランダから見下ろしたモミジ。


121126_9.JPG

ベランダで日光浴中のゆめ。

ゆめいつもありがとうね。ゆっくりお昼寝しておくれ。



121126_10.JPG

早く一晩中ぐっすり眠りたいな〜。


*************************************************************
posted by フジウラ at 13:25| ゆめとイヌえもん(0歳) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月19日

予想外デス!

 
ゆめがイヌえもんに対してとっても穏やかに接してくれるという
嬉しい誤算。

しかし実はもうひとつ、予想外すぎる嬉しい誤算が!


121119_1.JPG


予想外すぎてヨメ、感動で涙する日々。

結婚して4年半、家事と名の付くものはすべて華麗にスルーしてきた
あのマジ雄さんが・・・うっうっ(涙)

マジ雄パパ、平日も早起きして朝から家事三昧。
ミルク作りももうお手の物。

休日もゆめの散歩、買出し、イヌえもんのお風呂は勿論
「お預かりサービス」と称して数時間イヌえもんを見ててやるから
寝たいだけ2階で寝ておいで〜という嬉しすぎるサービスまで。

この反動がいつどこでどのように来るのかが怖くなってくる今日この頃です。



121119_2.JPG

毎日家の中にこもってイヌえもんの世話に追われている私に
マジ雄さん「何か欲しいものはない?」
私「ゆめと散歩がしたい!!」

車で連れ出してくれました。



121119_3.JPG

イヌえもんも乗せて、家族みんなでお出かけです。



121119_4.JPG

近所のコスモス畑が満開!



121119_5.JPG

ほんの少しだけどゆめと散歩できた。
めっっっっちゃ気持ちよかったーーーーー。
お外、最高!!


121119_6.JPG

大判焼き屋さんにも寄ってゆめとコスモス畑で分け分けしました。



121119_7.JPG

マジ雄さんめっちゃありがとー。
その気合と思いやりが継続するよう願ってやみません!




121119_8.JPG

ゆめのイヌえもんに対する適度なスルーぶりも継続しますように!


*******************************************************************
posted by フジウラ at 18:45| ゆめとイヌえもん(0歳) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月12日

矢のように・・・


121112_1.JPG

新生児との生活は噂に違わぬ不眠不休の戦いでした!



121112_2.JPG

入院前はまだ家の中でノースリーブで過ごしてたなんて信じられません。

イヌえもんのために暖かくしている部屋の中から
冬が一気に訪れつつある外を眺め、
早くゆめと一緒に外を歩きたいなあと毎日思っています。



121112_3.JPG

こうやって毎日が矢のように過ぎ去っていって、
気が付くと、ここは誰、私はいずこ、ってなっとるんやろうなあ。。


121112_4.JPG

でもふと見ると隣には以前と変わらぬゆめの姿。
そして以前と変わらずゆめを愛でてくれているゆめ父、マジ雄さん。

何よりも、以前と変わらぬ態度で穏やかにイヌえもんを受け入れて
くれているゆめの姿は私の心をとても温かくしてくれます。
ゆめ本当にありがとう。


121112_5.JPG

毎日眠るベッドの上、隣にはイヌえもん、足元にはゆめ。
川の字ならぬ「上」の字?状態で母のベッドは大渋滞。
足元から伝わってくるゆめの寝ピクに安心させられるのでした。


*************************************************************************
posted by フジウラ at 18:35| ゆめとイヌえもん(0歳) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月05日

初めまして!



121105_1.JPG


どうぞヨロシク。



イヌえもん誕生から10日後、無事に退院となりました。

入院中は毎日マジ雄さんがiPadにゆめの動画を送ってくれ、
ゆめ父は毎日ゆめがどのくらい歩いて、
いいウンPしたかどうかの連絡をくれ・・・

家を離れた私が何を一番恋しがって何を一番心配しているかを
家族はみんな分かってくれてて、有難かったです。

退院した日の一番のドキドキは勿論、黒くて毛深いおねえちゃんとのご対面!!
謎の生物に接したゆめはどういう反応をするのか。

激しくニオイを嗅ぎまくり、

前脚でテチパンチを繰り出し、

泣き声を聞いて何事かとパニクり、

対抗して吠えまわったり??

大方の予想はそんなところだったと思いますが


しかし・・・

帰宅した時、家では退院祝い膳ということで
ゆめ父が立派なチヌをグリルで焼いてくれていたのですが
ゆめ、チヌの焼けてくるニオイに夢中で


121105_2.JPG

イヌえもんを完全スルー。

気付いてすらいない・・・



121105_3.JPG

その後、あらためてゆめを呼んで弟クンを紹介しましたが

「あっそ」くらいのすっごい薄い反応(笑)


でも泣き声聞いたらやっぱりビックリするんじゃないかと
みんなで心配してたんですが、
逆にこっちがビックリするくらいゆめはいい子でした。

イヌえもんがギャン泣きしても全く気にしてないようで、
夜中にワンワン泣いてるイヌえもんを完全無視して
眠ってくれています。

目の前でオムツを替えていてもゆめの鼻先で授乳していても
ザ・無視!
起きてるときなら「かあちゃん撫でて〜」と擦り寄ってきたりはしますが、
イヌえもんに関しては完全・シカト!

ゆめからしたらかなり不思議な状況のはずなのですが・・・

変な話、まるでこうなることは前から分かっていたかのような反応です。

嬉しい誤算とはこのことです。

ゆめは私が思っているより、色んなことを理解してくれているのかもね。

ありがとうね。

*********************************

前回のイヌえもん誕生の記事にコメント有難うございます。

今後は簡単な内容になると思いますが

更新することでコメントのお礼・お返事に代えさせて下さい。

**********************************



posted by フジウラ at 21:13| ゆめとイヌえもん(0歳) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする