2007年10月29日

オータムの再会〜エピローグ〜

 
友人から、私のパソコンのメールアドレスに送ったメールが
エラーで帰ってくるという連絡を受けたため、
「そんなハズないんやけどな〜。父さん、私のアドレスにメール送ってみて」と
目の前で退屈そうにテレビを見ている父にお願いした。

数分後、ちゃんとメールは届いていた。





件名:ゆめ


本文:ほんまにかわいい


こんなメールが。





ゆめ・・・・

よかったな。


*********************************************

ところで前の話の続きです。

あずきちゃんには「そこまで嫌がらんでも!」というくらい避けられ続けましたが、
その他の柴っこたちとはそれなりに触れ合うことができました。



二歳のぴちぴち、三河の国(愛知)からやってきて讃岐の国に一時滞在中だった


圭でーす

黒柴の圭くん。


ころっころの小熊みたいな愛らしい男の子でした!

あずきちゃんにフラれて心身ともにヘロヘロな私と、ボール遊びしてくれたんですよ!

してくれたんですよ!


4,5回で飽きてたみたいですが。

ちなみにアップの写真を撮り忘れたのですが、とっても男前です。

しかし圭君のまともな写真がこれ以外に、



なぜこんな写真

これしかないって私どういうことだろう。なにを考えとるんだろう。
圭くんのママさん、ごめんなさい。

でも、このころころっとした小熊的フォルムが可愛いっしょ?



そして、もう一匹初めて会う讃岐の柴ワンコ、ニコやん。


美ワンコ

こちらもとっても可愛い!つぶらな瞳、フワフワの体毛!
ええ、萌えまくりました。


ニコやん、実は以前は「ケンカ上等どこでもガウ柴」だったそうで、

あずきちゃんの仇敵ワンコだったんだとか。

それがなぜか、避妊手術を境に人が、もとい犬が変わったように
ガウらなくなったそうなのです。

前からこっそりニコやんのブログを覗いていた私は、
ニコやんがガウらなくなった!という話を読んだとき、
ゆめのお友達が一人去って行ったような気がして、
その晩こっそり枕を噛んで泣いたとか泣かなかったとか・・・


それはともかくしかしニコやん、
ガウりはしないけど、犬と遊ぶよりは人間に触られてたほうが楽しいという
タイプらしく、全くもって犬たちの集まりに加わろうとはしませんでした。

全力で動かない

本当に地蔵のように動きません。


あまりの地蔵っぷりに、肉球から根っこが生えたのではないか?とか
地面に落ちていたアロンアルファを踏んでくっついてしまっているのではないか?

などの噂がまことしやかに囁かれましたがそうではありませんでした。


ニコやん放置さるるの図

その証拠に飼い主のゆみをさんが「ニコ、歩かせてみましょうか」と言って
広場のど真ん中にいきなりニコヤンを放置。(本当に放り出していた!)




クララが歩いた

ニコやん、一同に感動をもたらす。(歩いただけ)


このあとは、「もう絶対に動きたくありません」と

動かなくても可愛い

ベンチの下に陣取って、本当にオフ会が終わるまでここを動きませんでした(笑)


でも、オフ会がお開きとなり「さ、帰ろ」と駐車場へ向かうときは、
まるで別犬のように颯爽とした歩様を披露!
私の笑いのツボを押しまくりのニコやんだったのでした。

普段凛々しくてヘビーで男前なゆめの顔ばっかり見ているので、柴犬を見ると
「可愛い」を連発せずにはいられない私なのですが、


うっとりする

ニコやんはホンマに美人さんでした。
思わず写真もでかいです。

ゆめに会わせてみたいなあ。
ニコやんがゆめを「アンタ、ガウ犬なんてやめなさいよ。得しないわよ」と
諭してくれないかなあと期待しているのですが。


そしてもう一匹はおなじみのあきと君でした。

こちらも可愛い

カッコ可愛い系です。

飼い主のまーく40さんは一眼レフによる犬撮りにハマりまくっているそうで、
ディスクドッグ大会を見に行って一発で感化されて

愛の引っ張り合い

いきなり「あきと!ディスクをやれ!ディスクを!」。


撮るか投げるかどっちかにしようよ!!とツッコミたくてしかたなかったのですが、


輝く恋人たち

あまりにも二人が幸せそうなので誰も口を挟めませんでした。

ちなみにディスクドッグの大会では柴犬(和犬)は参加ゼロだったそうです。
ほとんどボーダーコリーやレトリバー系。
あきと君が晴れてディスクドッグになった暁にはみんなで応援に行きましょう。


なんでこんなアップしか撮ってないのか

無理ッス・・・とでも言いたげ。頑張れ!


そして最後まで私とボール遊びしてくれなかった(しつこい?)あずきちゃん。


珠のような美しさ

こちらもほんまに可愛いです。

私を見つけたときは今にも倒れそうな表情だったくせに!


あががが

ボールが好きすぎて、放したくないあずきちゃん。
アップに耐えるビジュアルが本気で羨ましいです。

可愛い顔してボール咥えてますが、取られるとでも思うのか、


おるるるるる

撫でようとすると唸ります。そんなところもまた可愛いのでありました。


見つめすぎ

飼い主のかおりんさんとのアイコンタクトは真剣そのもの。

驚くべきことに、オヤツよりボールなんだそうです。

あり得ない。うちの黒スケにはあり得ない。



オヤツだよ!三匹集合

マイペースな子達の集まりだったので集合写真が撮れず、
オヤツタイムに撮ったこれが精一杯でした。
写ってないニコやんはベンチの下で地蔵になってます(笑)


とっても楽しい一日でした。

事件が起きないオフ会が斬新でした。

オフ会っていうとどっかの黒い野獣が一波乱を巻き起こすのが常だったので・・・。



でもそんな野獣も家では


あ♪ニャンニャン

父に甘えてニャンニャンです。

猫かお前は。


というわけで、ゆめ抜きで楽しんできてしまったオフ会でしたが、

やっぱり家に帰ると「ゆめ様、やっぱおまん、最高に可愛いぜよ」と思ってしまうのでした。


何この顔

寝顔がこんなんでも。



足の具合はここのところ、ぐんと良くなっているように感じるのですよ!

ええ!タッタカタッタカ小走りもできるんですよ!

ゆめの華麗な走りを早く動画に収めてお披露目しなければっ!
posted by フジウラ at 00:33| Comment(11) | TrackBack(0) | ゆめきちあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月24日

今頃ガールゆめさん

 
 
いきなりですが、絶好調です。






ゆめの夏毛っぷりが。






我が家の猿人こと父ですら、換毛・・・もとい衣替えを済ませているというのに。

服着ろ

  ↓

いきなり着るな





ゆめ、今になって盛大に夏毛。

スカスカのカランコロンです。(?)


どれだけKY(空気読めない)。←若者の間で流行っているらしい





こちらは7月、夏真っ盛りの淡路島旅行の時の写真。

あー可愛い


一目でわかるこのモコモコ具合。



丸すぎるな

顔が円形ですよ。(太っとるだけやろというツッコミは素早く的確に却下)




いつまで経ってもなくならないモッコモコの冬毛を心配していましたが、

結局真夏をモッコリ毛皮をまとって過ごし、

9月くらいからモリモリと抜け始め、


そしてついに我が家の原人こと(猿人から昇格)父までズボンをはいた

この寒さが到来した今、




071017_yume3.jpg

超ガリクソン。  



24時間戦えますか?と聞きたくなるくらいのゲソりっぷりですよ。


ご飯あげてないんかと思われるじゃないか。

毛が抜けて細く見えるだけやのに。

こんなんで父の同情を買ってオヤツをせしめようとしてもムダだと知れ!




071017_yume4.jpg

怖い。



この夏はあちこちで「換毛が始まらない」というお宅を見かけた気がしますが、

それにしてもこんなにも今頃夏毛な子はいますか?

KY(空気読めない)仲間募集中です。




すみません、ここまでが記事の前置きの予定だったのですが

眠さにやられてこれだけで記事をアップする私を許してください。(この甲斐性なし!)

 
posted by フジウラ at 00:51| Comment(19) | TrackBack(0) | ゆめきちあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月20日

オータムの再会〜研究論文〜

 
冬を感じるときー (冬を感じるときー)






アル・パンチーノ

毎日パンツだったお父さんがー (毎日パンツだったお父さんがー)







今日から冬だ!!

突然ものすごく厚着になってた夜ー (夜ー)





変化しすぎ。体感季節は夏と冬しかないんですかアナタ。



******************************************************

冬の足音をお届けしておいて、さて前回の続きです。


あずきちゃんあきと君たち柴っこズが集まって遊ぶというので
ゆめは留守番させて私一人で参加させてもらいました。

今までにあんなことこんなことをして完璧にゆめを恐怖の大王として
認識してしまったであろうあずきちゃん。

そのお詫びもこめて、この日は私があずきちゃんのだ〜〜〜い好きなボール遊びを
目いっぱい一緒にやってあげよう!と思っていたのです。


広場でボール遊びしているあずきちゃんと、飼い主のかおりんさんを見つけた私は

「かおりんさぁぁあぁん!!あずきちゃぁぁぁああん!!」
大声で呼びながら駆け寄りました。




あずきちゃんは最初


キラキラあずたん

こんな顔して「まあ誰かしら?」とこちらを見つめていました。




しかし、




駆け寄った私を見つめるその顔は





急変

みるみるこんなんになりました。(ほんまにこんな顔だった!!)





目は輝きを失い、元気印のなが〜〜いタン(タンって言うな)は収納され、



くるーん

柴犬の自慢の美しいくるりんシッポは



だらりん

尻尾の先にサルでもぶら下がったのかと思うほどの勢いで垂れ下がりました。





そして、もう表現しようがないほどの実に嫌そうな顔で、

1メートルほど離れたところからクフンクフンと何度も私の匂いを嗅ぎました。


私は彼女の心のフキダシに書かれた

『なにか・・何か物凄くいやなことを思い出しそうなの・・・』

というセリフが読めるようでした。



あずきちゃんとゆめが最後に会ったのはもう8ヶ月も前のことです。


でも。

彼女の鋭い嗅覚は、私の体に染み付いたわずかなゆめ臭を、

恐らく敏感に嗅ぎ取ってしまったのでしょう。



突如ハッと我に返ったように、キョロキョロ!!

物凄く慌てふためきながらキョロキョロ!!




アイツ黒い恐怖が!!!  


アイツ柴狩り鬼の臭いだわ!!!


アイツ黒いトマホークがどこかに隠れているわ!!


どこ!?どこにいるの毛深い核弾頭!? 


イヤイヤイヤぎらりん 

アイツ
じゅるりん   イヤァァ



アイツがアイツが


アイツ
ジョーズがやってくるがいる!!??






と必死で周りをキョロキョロと見回し始めましたよ!



勿論シッポはずっとだらりん



かおりんさん、爆笑。

私、爆ショック。




もう一度言うけどゆめとあずきちゃんが最後に会ったのはもう8ヶ月も前なのですよ・・・




私とかおりんさんは必死で「おらんよ!!今日は怖いヤツおらんよ!!」と
教えようとするのですが、そんなの全然信じられない様子のあずきちゃん。



と、とりあえず私が挙動不審になってはいけない!

あずきちゃんに、私はボール遊びしに来た罪のないオバハンということを
アピールしないと!

と思い、ショックな心を隠して無理やりテンションを上げて




「あずたん、ボールで遊ぼ!!ボールボール!わああいボールだ!
 さー投げよっかな!投げよっかな!投げるで投げるで」


振りかぶったああああ




とオスカー女優そこのけの演技で爽やかオバハンを装いボールを投げようとするも、






暗すぎる

この距離。  この表情。




ボールを構えた私を見つめるあずきちゃん。


そのわずか3秒後、





帰ります

まさかの大脱走。




「とりあえず逃げろ」という結論に達したそうです。




これにはかおりんさんもびっくり、秋風を切って疾走&失踪しようとする
あずきちゃんを「こらー!!あずー!!あず#%$☆あ%★‘*!!」
叫びながら追いかけて行かれました。


私はショックで追いかける元気もなく、
バッグの見張り番をしていましたよ(役立たず)。


やがてあずたんは、かおりんさんに抱っこされて戻ってきました。

もう私の口からは


「あずたん、そんなに私が嫌いか・・・」のセリフしか出ませんでした。



結局、この日あずきちゃんは最後まで私に心を完全に許してはくれませんでした。
(私にだけです。他の人にはとってもフレンドリー!)

どんなに走り回って楽しんでいても、私が近付いていくと



アイツ071017_comyume.jpgいるの!!??


と思い出してビビルらしく、すたこら逃げ去ってしまうのです。


ボール遊びで心を開いてもらおうとかなり努力したのですが、

私の投げたボールはかおりんさんに言われてイヤイヤ取りに行き、

そして絶対に私には持ち帰らない(かおりんさんのところへ運ぶ)という徹底ぶり。


ご主人様以外の人とはボール遊びにも熱が入らないのね?

と自分に都合よいように解釈しようとしたのですが、



通りすがりの見知らぬ若奥様の投げるボールをキャッキャと追いかけ、

ハイど〜ぞ奥様♪と持ち帰るあずきちゃんを目撃し、

私もう、ダブルだかトリプルのショックでヨレヨレになりました。


心を閉ざしたあずきちゃん






 ★★研究論文、考察。★★ 


犬は、恐怖体験により嫌悪することになった別の犬のことを、

時間が経過により忘れ去ってしまうことはない。

また、その恐怖体験の場に相手の犬の飼い主も存在していた場合、

その飼い主のことも、犬と同様に嫌悪し、畏怖の対象となる。



   

論文を書き上げたところで、長くなってしまったので
この日会ったワンコたちの癒し画像は次回にまわさせて頂きます・・・・。




ああ・・・


人間にはモテなくても犬にはモテる、ということだけが

私の心の救いだったのに・・・・。




あずきちゃん・・・。


それでも私は、あずきちゃんが好きだよ・・・・。
 
  
posted by フジウラ at 22:09| Comment(16) | TrackBack(0) | ゆめきちあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月18日

オータムの再会〜プロローグ〜

 
心優しき読者の皆様に先に申し上げておくと、
更新が滞っている理由は、ゆめの足の調子が思わしくないとか私の体調が悪いとか
そんなシリアスな理由ではなく、ただ単に私が睡魔という名の妖精と毎晩
熱く激しく天下分け目の合戦を繰り広げた結果、毎回ものの数分で惨敗を喫することに
なるからだという、ただそれだけです。

何でこげに眠いの!?誰か助けて!
こないだ仕事中に夢見ましたよ。(どんな会社や)


ということでこんばんは、気難しいガウ犬の飼い主フジウラです。
好きなキノコは舞茸です。(かき揚げ最高)



足取りも軽やかに

ゆめが靭帯の手術を受けてから2ヶ月以上経ちました。
歩いているだけなら、もう怪我をしているのがほとんど分からないほどになりました。
短い距離なら、トテテテテっと早足で駆ける事もできるのですよ!
でもそれ以上のスピードを出そうとすると、ギャロップになったり、
スキップになったり、ケンケンパ!状態になったり。
まだまだ、元通りには程遠いですし、もしかしたらこれ以上よくはならないのかな?
と思うときもあります。
でも、普通に歩けて、一緒に散歩できて、一緒に遊べて笑えて、
これ以上を望むのは贅沢だよな〜。
四本足で歩けるようになっただけでも、本当に幸運だった!と思っています。


ジョンジョロジョロジョロ

どーん!!ご覧下さい。一見ただの足あげおションですが・・・

よく見ると!


手術した右脚のほうを地面についているのですよー!


私の記憶にある限り、怪我してからずっと右側を浮かせておションしていたのです。

手術した足で耳カキカキが出来たときもすご〜〜〜〜く嬉しかったけど
この右足立ちおションはもっと嬉しかったかも!

ゆめさん・・・愛しすぎてかあちゃんはとっても眠い!(結局眠いんか)




***************************************************



さて先日、おなじみのあずきちゃんあきと君たち柴っこが公園に
集まるというので、図々しくも私一人(ゆめはお留守番)で参加させてもらいました。
今回は、初めて会う柴ワンコが2人も、ということで、
ゆめを連れて行くかどうかかなり悩んだのですが、



「あずきちゃんが恐怖で失神するし」
(ゆめはあずきちゃんを3度ほど恐怖のどん底に突き落としました・・・)

「午前中の散歩でかなり歩いて疲れてるし」

「今までの償いにあずきちゃんとボール遊びしてあげたいし」


「てか どうせガウるし」





などなどの理由でゆめは父と留守番させることにしました。



ゆめがいかにあずきちゃんやあきと君に対して酷いことをしてきたかは
昔の記事を漁ればホイホイ出て参りますよ。

って言うかなんでそんな犬の飼い主をワンコ遊びに誘ってくれるのかしら。
皆さん、人の顔をした天使かしら。うう、ありがたや。




目的地に着くと、そこにいるのは見知らぬカップルのみ。


私が鼻歌(どんぐりころころ)を歌いながら周りをちょろちょろしていると、
やがてそのカップルは私の視線を気にしてか、そそくさと立ち去りました。

ざまあみろ。


しかし待てど暮らせど誰も来ない。

もしかして場所を間違えているのだろうか、と不安になり始め、
公園の公衆トイレを2回も使用してしまう。(←弱い)


二度目のトイレを済ませ広場へ戻ると、
芝生の上をコロコロと駆け回る黒い宝石を発見!!



あれは!!



讃岐の黒い宝石


あずきちゃんだー!!





久しぶりだー!!


待ち合わせ場所を間違えていなかった喜びと、久しぶりに飼い主のかおりんさんと
あずきちゃんに会えた喜びで、思わず

「かおりんさぁぁぁぁん!!あずきちゃあぁぁぁぁぁぁん!!!」

と大声を出し、両手を阿波踊りのごとく頭上で振りながら駆け寄りました。


その時・・・・!!



あずたんは私を見た


以下次号!!  (はぁ!?)



すみません、今日も妖精「スイマン」との戦いに負けていく私を許して下さい。。




おまけ。ゆめをシャンプーしました。
恥ずかしながらはっきり申し上げて、実に一年以上ぶりです。
だって洗わなくても全然臭くないんだもん。皮膚病にも縁がないし。

ママ・・・

この表情に萌え萌えしてしまう残念飼い主です。
 
posted by フジウラ at 23:56| Comment(10) | TrackBack(0) | ゆめきちあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月11日

ツチノコゆめ。

 
うう、眠い。毎日会社の自販機で70円のブラックコーヒーを買う私。

飲まないと、パソコンのキーボード叩いていたはずがデスクを叩いていたり、
デスクとおでこがランデブーしたりと大変なのだ。(どんな会社だ)

そして気が付くと財布が軽い。これコーヒー貧乏。

そんな私は連休を利用して久しぶりの旅行へ行き、


鬼
くまちん
くまたん
くまどん
瀬戸大橋


こんなんに会って

体の中を浄化してきました。

この写真、一年後に見たらもうどこに行った時の写真なんか分からんな。

*****************************************************************

ところで我が家の毛深いニート、ゆめ。

命のシャワー

退院してから、散歩中に出会う他の散歩ワンコへのガウリが酷くなりました。

自分の体が思うように動かないので必死で防衛しているんだろうか??

もう、遠方に散歩ワンコの影を見つけただけでピタリと動きが止まり、
穴があくほど凝視。耳を前へ向けて警戒態勢。首の後ろの毛が逆立ってくる。

相手が道路を挟んで反対側にいても、すれ違う大分前から
「うるるるる・・・」と威嚇。
すれ違う時は大変。ガフガフ言いながら飛びかかろうとして大暴れ。
急なダッシュやターンが脚によくないので、
動けないようにがっちり抱え込むんですが、どこにそんな元気が!と思うほど
激しく暴れるので動きを制御するのはちょっと一苦労です。

前から自分のテリトリー内で出会う散歩ワンコには100%ガウってたけど
警戒っぷり&怒りっぷりがもう前と比較にならない!
・・・なんでだろう・・・どうしたらいいのかね。
かあちゃんはお悩み中です。

周りは皆、敵

不思議なのは、ガウるのは散歩ワンコに対してだけで、
野良犬にはとっても友好的なこと。むしろラブ。
ちょっと車で遠出して家から離れた場所で散歩している時には
それほどガウらないので(警戒はしているけど)、
自分のテリトリー内を犬にうろつかれるのが嫌なのかなあと思う。
でもテリトリーを荒らされて怒るのなら、野良ワンコにも怒るはずなんだけどな〜?
人に連れられているワンコだけが許せないっていうのは何でだろう??
誰か教えて!


でも前から大好きだった近所の塗装屋さんのサブ(仮)のことは
相変わらず大好きなようで、怪我をしてから会えなかった二人が
一ヵ月半ぶりに再会したときは、両人大層喜んで、
「あなたー!!」「おまえー!!」と抱擁(?)を繰り返した。

サブ(仮)は白柴がでかくなったような感じの男の子で、私好みの
スッとした男前さんなんだが、駐車場の奥の軒下に繋がれており、
さすがに人の家の軒下でバシャバシャ写真撮るのもためらわれて、
いまだにちゃんとお顔をお見せできません。

携帯の動画ですが、久しぶりに再会してイチャコキ合う二人を。

ちなみに軒下に侵入してサブとゆめをいちゃつかせる許可は
飼い主のおじさんにちゃんともらっています。 






ゆめは、嗅ぎたいけど嗅がれるのはハジュカチイらしい。

サブ(仮)の家の前を通ると、どちらからともなくキュンキュンと鼻を鳴らして

「ここよ!私ここよ!あごひげの濃いゆめよ!」
「おいで!おいで僕のピンク色の肉球の中へ!」


と囁き合う。
いいな、ゆめ。愛されてて。私も白柴みたいにカッコいい彼と愛を囁き合いたい。

これだけ仲がいいんだから、ほんとは二人をどこかへ連れ出して
一緒に遊ばせたいんだけどなあ。
おじさんに「サブ(仮)貸してください」と言い出せない私。

*************************************************************


↑とここまでは一週間ほど前に書いた文章だったんだけど、
今日、夜の散歩で、滅多に行かない公園へ車で連れて行ったら
ラブ系ブレンディー犬の男の子に会ったのですよ。

その子はノーリードで、スタスタゆめに近寄ってきてクンクン嗅ぎだしたんだけど
ゆめが「ウウウウウ!」と怒り出したので「やべ!噛み付くー!」と思わず焦った。

飼い主のおじさんが「こらこら、いかんで〜」と言いながらのんびりと現れて、
私は「こらこらじゃねえだろ!この東南アジア系オヤジ!バナナ食ってろ!」と
心のなかで悪態(?)をついていたんですが
ふと見るとなんだかゆめの様子がおかしい。

上半身を低くして腰を上げて、尻尾を振って「キュフんキュフん」。

おや???



誘ってる〜〜〜〜〜??




キター!!





ツチノコ キター!!

(ツチノコ=滅多に見られないという意味。
 ここでは、他のワンコに対して「遊ぼう」と誘っているゆめの姿を指す。)


ちなみにゆめの対犬行動をパーセンテージで表すと

ガウる=75% 無視する=23% 拒絶する=1%以上 喜ぶ=1%以下



ビッグツチノコ キター!!

唸ったのは最初だけで、ゆめはそのブレンディー君をお気に召してしまったよう
なのです。

贅沢言うな

ゆめの足は心配でしたが、リードを持ったまま少し遊ばせてみるともう
喜ぶ喜ぶ、二匹でキャハンキャハン言いながらふざけ合っているどぇはぬわい
ですくゎぁ〜!!

しばしビッグツチノコを凝視しながら飼い主のおじさんと犬談義。
なんでもお子さんが犬を欲しがるから知り合いからもらったのに、
子どもたちは全く世話をしないので散歩がおじさんの仕事になっているのだとか。
ありがちなパターンですね。

「家に(犬が)おるんはやっぱりええけどなあ。世話は大変じゃわ〜。」
と愚痴っぽいことを言いながらも結構その子を可愛がっているようで、
好感が持てました。
ごめんよおじさん、バナナ食っとけとか思って。
もう私の中でおじさん、超いい人に昇格してるから!バナナ最高!

でも桃のほうが好き

ゆめの足がなんともないなら、いつまででも遊ばせたかった。
お互いにテンションが下がりそうにもないので、ゆめが飛んだり跳ねたりする前に
5分ほどで無理やりさよならしました。
名残惜しそうにするゆめを見ていて私も切なかった・・・。

その子に会うためにこれからしばらくその公園に通ってみるつもりです。


ううむ。。

飼い主さんがナイス独身メンだったら・・・。
ここから何かが始められたかもしれないのに・・・。
神様には隙がないわ・・・。

ニヒル笑い


posted by フジウラ at 00:39| Comment(12) | TrackBack(0) | ゆめきちの靭帯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする